信号待ちは「D」か「N」か?

信号待ちは「D」か「N」か?
AT車に乗っていて信号待ちの時、Dレンジのままフットブレーキを踏んでいますか?
それともNに入れる?

「Dレンジでフットブレーキが基本だ!」

「Nでパーキングブレーキ」

「頻繁にNに入れると、ミッションが痛むからDのままにしておいた方が良い」

などなど、色んな意見があるようです。

Dのまま or Nに入れる、そのワケ

Nに入れると機械にとって良くないのか?

信号待ちの時にDからNに入れると言うことは、頻繁にシフトチェンジをする事になります。この頻繁なシフトチェンジは、オートマチック車にとってあまり良いことでは無いようです。
Dレンジに入れたまま停車していると、クリープ現象でゆっくりと前に進もうとしている車を無理矢理ブレーキで停めているため、車にとって良くないような気がしますが、これくらいで壊れていたら売り物にはなりません。
DからNへシフトチェンジすると、ギアボックス内のオイルの流れる量が変わることになります。このオイル流量の変化が、オイルポンプや部品の継ぎ目を密閉するオイルシールに負担を掛けるのです。ですから、信号待ちの時にはDからNにシフトチェンジしない方が、車にとっては負担が少ないのです。
一昔前のオートマチックの輸入車は、頻繁にシフトチェンジするとすぐに壊れたそうです。
ですが!
現在の国産車は、それくらいでは壊れたりしません。
もちろんシフトチェンジしない方が車にとっては良いのでしょうが、信号待ちの度にDからNへ入れたくらいで壊れることはありません。

Nに入れると危険なのか?

「信号待ちはDでフットブレーキが原則!」と仰る方は、「信号待ちの時にいきなりどこからか他の車がこちらに向かってぶつかってきても、Dレンジに入れておけばすぐに車を発進させて逃げる事が出来る!」と言っておられますが、そもそも信号待ちの時に注意深く周りを見張っているでしょうか?と言うか、信号待ちの先頭にでもいない限り、いきなり逃げることなんて出来ませんし咄嗟に逃げることが出来るかどうか怪しいモノです。
私なんか運動オンチなので、そんなマネは100%出来ないと思います。

また、これ以外の「Nに入れると危険」という理由に、発進時にNに入れたことを忘れてしまい、アクセルを空ぶかししてそれに気づいて慌ててDに入れてしまい、車が急発進してしまうので危険という事があります。これは確かにそうですね。私も経験あります。でも、Dに入れたとたん危険を伴うような急発進をしてしまうほどアクセルを踏むことってあまり無いような・・・

Nに入れると燃費が良くなる?

この実験、確かどこかの雑誌でやっていたのを見た記憶があります。詳しい数値は覚えていないのですが、ほんの1ccくらいの差でしか無かったと思います。これくらいの差って、スタンドで給油するときの誤差以下の量ですよね。と言うか、急発進、急加速をしないようにした方がよっぽど燃費が良くなります。

結局どうなのだ!?

最近の国産車であれば、信号待ちの時にNに入れても問題は無いと思います。ただ、一昔前の輸入車や、高級スポーツカーなんかはできるだけDレンジに入れっぱなしにした方が良いでしょう。その様な車にとって、Nは牽引される場合や、整備の時の為のモノなのです。

私は以前、信号待ちでDレンジに入れたままウトウトしてしまい、フットブレーキを緩めてしまって前の車にオカマを掘ってしまった経験があるため、どうしてもNに入れてしまいます。

また、コレは蛇足ですが、走行中はNに入れない方が良いです。
走行中にNに入れてしまうと、ATFを循環させるためのポンプは停車しているモードになってATFの循環を抑えているのにもかかわらず、実際はドライブシャフトが高速で回転しているためにATFがトランスミッション内で掻き回されます。するとATFにかなりの負担を掛けることになるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です