修理歴あり(事故車)なので査定額が激安になっちゃうのでは?

修理歴あり(事故車)なので査定額が激安になっちゃうのでは?
愛車を一括中古車査定に出して売りたいんだけれど、自分の車は「修理歴」があるから、査定額がすごく低くなってしまうのでは?と思って一括査定を躊躇している方もいるようです。

確かに査定時には、買取査定額の判断材料として「修復歴」の有無は重要なポイントになりますが、「修復歴あり」の車がすべて激安査定額になってしまうわけではありません。

そこで今回は、意外と知られていない事故車や修復歴について、お話してみたいと思います。

修履歴者(事故車)とは

中古車の「修復歴」がある車とは、日本自動車査定協会、自動車公正取引協議会、一般社団法人 日本中古自動車販売協会連合会が、定めた箇所を修復した車のことを言います。これはこの団体間で一統一基準として定められています。
車のフレームに影響する部分(クロスメンバー、サイドメンバー、フロア、ラジエターコアサポートなど)を修理・交換した履歴のある車の事を「修復歴車」と言います。
修復歴者の規定に関する詳しい内容は、下記の一般財団法人 日本自動車査定協会のウェブサイトをご覧ください。

一般財団法人 日本自動車査定協会のウェブサイトhttp://www.jaai.com/sateidojo/expert/08.htm

こんなちっちゃな凹みでも「修理歴あり」なの?

一般財団法人 日本自動車査定協会のを確認してみると、たとえば、ドアを交換したとしても、「修復歴あり」にはなりません。また、フロントガラスが割れてしまって交換したとしても、「修復歴あり」にはならないのです。
フロントガラスを交換するような場合って結構な事故の場合のような気がしますが、車のフレームに影響がある箇所ではないため、、「修復歴あり」にはならないようです。
ちょっと不思議な気もしますが・・・

このように事故を起こした車であってもフレームに関連する箇所を修理していなければ「修理歴あり」にはならないのですが、些細な箇所(素人目には大したことない)でも、場所によっては「修復歴あり」になってしまう場合もあるので注意が必要です。

たとえば、最近のコンパクトカーなどに良く見受けられる造りなのですが、コンパクトカーはホイールベースを稼ぐためにフロントタイヤやリアタイヤがバンパーぎりぎりの所にあります。

バンパーとフェンダーのインナーパネルの間の隙間がほとんど無い場合が多いです。このような造りの車は、車庫入れなどでちょっとぶつけてバンパーをへこませてしまった場合でも、バンパーとインナーパネルの距離が近いので、バンパーのみならずインナーパネルもへこんでしまう場合があります。この場合、インナーパネルの修理が必要になりますので、「修理歴あり」となってしまいます。

ですが、この程度の修理であれば、深刻な問題ではありませんし、車の走りにも影響しません。
中古車査定士ならこのくらいの事は分かっていますので、これが原因で大幅な査定額減額にはならないようです。
しかし、「修理歴あり」には違いありませんので、あるていどの減額は仕方ないところでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です