中古車?新古車?未使用車?

中古車?新古車?未使用車?
新古車とか未使用車とかいう言葉を聞いたことがあるかと思います。
「新古車って、ディーラーで試乗車とかに使われてた車でしょ?」そう、確かにそのような試乗車や展示車として使われた車も新古車と呼んだりしますが、最近では新古車という呼び方より「未使用車」という名称の方が一般的になっています。

未使用車って何だ?

未使用車とは、試乗車として使われた車では無く、「まったく使われたことの無い車」のことを言います。
それじゃ新車と変わりないじゃん!?確かにそう思いますね。
未使用車は、車自体は新車同様です、と言うか、新車です。
ですが、書類上は既に登録されている状態なので、車自体は新車だけど書類上は中古車なのです。
そのため、販売価格は中古車の価格で販売されています。

未使用車ってどこから出てくるの?

何で新車なのに既に登録された車が出回るのでしょうか?
その理由は、「自動車メーカーの販売台数稼ぎ」です。
各方面で集計される自動車の販売台数は、ユーザーの手元に渡った車の台数ではありません。
「登録した台数」(軽自動車は届出台数)が販売台数として見なされます。そのため、販売台数を伸ばすために、一般消費者に売る前に、ディーラーが自分の会社名義で車を登録し、登録台数=販売台数を稼ぐのです。
そのような車はディーラーの所有物ですが、いつまでもディーラーの敷地に放置しておく訳にはいきませんから、店頭や自動車オークションに出品して中古車として販売するのです。

このディーラーの購入による販売台数稼ぎですが、軽自動ではかなり熾烈な戦いがありました。
軽自動車のリーディングカンパニーと言えばダイハツとスズキですが、両社とも相当な数の自社ディーラーによる新車登録を行い、かなりの数の未使用車が多く出回りました。
特に2015年は、浜松の中古車屋さんの店頭にはスズキの未使用車がずらーっと並べてある光景を良く目にしました。
先日、スズキ自動車の鈴木修会長が「もう、行儀の悪い売り方はやめる」と言っていましたが、この「行儀の悪い売り方」というのが未使用車の自社登録の事だと言われています。
未使用車ってどこから出てくるの?
また、上記のような台数稼ぎのために登録される未使用車の他に、中古車販売業者が人気が出ると思われる車を早めに購入し、未使用車として売る車もあります。
たとえば、人気車種は膨大なバックオーダーを抱え、納車まで半年から一年間もかかる場合があります。そのような車種は早めに購入して未使用車として(中古車として)販売することにより、新車価格よりも高いプレミア価格で売れる場合があるのです。
新車として売ると新車価格でしか販売できませんが、中古車であれば任意の価格を設定できるからです。

未使用車を買う場合に気をつけること

新車保証

新車には3年~5年の保証がついてきますが、既に登録されている未使用車は、その保証期間が短くなります。
たとえば新車の保証期間が5年の車の場合、6ヶ月前に登録された車であれば新車保証の期間は4年と6ヶ月になります。
また、この新車保証を受けるには「保証継承」という手続きを行わなければなりません。
保証の名義人をディーラーから購入者に変更する手続きです。
こお保証継承の手続きにかかる手数料は1万円~2万円ほどです。

車検

新車は3年間の車検がついていますが、これも新車保証と同じように既に登録済みですから、その分だけ車検の残存期間が短くなります

諸費用や手数料

これは新車や中古車を問わずかかる費用ですが、中古車販売店の中には名義変更料金や車庫証明の代行料金を高く設定している場合があります。
車両価格は安いのに、トータルで計算すると高くなってしまったりする場合があります。
車庫証明の取得などは自分でもできますから、すべて業者任せにせず、見積書を良く見て検討してくださいね。

車のグレード、ボディーカラー、オプション

未使用車は既に登録されていますから、ボディーカラーやグレードの変更は出来ません。後付けできるオプションパーツは取り付けることが出来る場合もありますが、工場組立時に取り付けなければならないオプションパーツ、たとえばサンルーフなどは付ける事が出来ません。

結局どうなんだ?未使用車って!

私が思うに、未使用車は全然「買い」ですよ!
だって新車ですもん。なのに中古車価格ですからホントにお得です。
納車まで待つことも無いし。

問題は気に入ったグレードやボディーカラーが見つかるか?と言う事ですが、希望グレードの未使用車が無かった場合でも、近い仕様のグレードだったら全然OK。
乗り出しちゃえば多少のグレードの違いなんて気にならなくなりますよ!

ボディーカラーはちょっと難しいですが、よっぽど気に入らない色で無い限り、こちらも乗り出しちゃえば慣れちゃいます。

また、ディーラーに気に入った未使用車が無い場合でも、他の系列ディーラの在庫を探してくれますし、中古車オークションに出回っている未使用車を探すことも可能です。

もちろん状態は新車ですから、未使用車だからと言って中古車査定で売却するときに不利になるような事は一切ありません。

新車を買うなら未使用車の方が断然お得だと思いますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です