中古車買取の際の自動車税の還付に関する注意点

中古車買取の際の自動車税の還付に関する注意点
自動車税は、車の所有者または使用者になされる税金のことで、売買等で自動車を取得した取得者になされる税金のことで、毎年4月1日の時点で課税されます。

この自動車税について、車買取の際に注意が必要となります。もし、3月に車を売却する場合は問題は有りませんが、年度途中で車買取をしてもらう場合、売却から次の3月までの税金は月割り計算を行った上で還付金として返ってくることになります。

年度途中で車買取をしてもらい、一時抹消手続きをすると、4月の時点で納付した自動車税の残月分は、自動的に還付されることになりますが、自分で一時抹消手続きは自分でやるということはほとんどなく、通常はすべてが業者任せとなります。
さらに、車検が残っている車は一時抹消をせずに、そのまま所有者の名義変更手続きをして転売する可能性もあり、基本的に買取をしてもらった場合は、3月分までの税金が査定の金額に含まれることになります。

但し、車買取の際に、わざわざ査定金額に還付金額が含まれているということは謳われておらず、査定額の内訳や明細などもいちいち出さないため、含まれているかわからずに査定・買取してもらっている可能性があります。
もし、年度途中で廃車をした場合でも、残月分が還付されるため、査定金額が0円で廃車の手続きを無料でやってもらった気でいると、残月分の還付金の受け取りの権利まで一緒に引き渡してしまっていることになってしまうため、逆に損をしている可能性があります。

このような説明について、査定・買取の際に質問しない限りは業者側からの説明があることはあまりありません。ですから必ず確認しておくことが大切です。

さらに、自動車税の課税がなされるのは、4月1日時点で所有、もしくは使用者に対して通知されるということについても注意する点があります。

それは、3月下旬に売却したとして、中古車買取店による移転登録が4月2日以降に行われた場合、新年度の納税通知は4月1日時点で所有者だった人に郵送されてしまうため、その分査定額に含まれていないと割に合わなくなってしまいます。そのため、車買取をしてもらう際には、税金の処理について必ず確認しておくことが大切です。

特に、排気量が大きい車の場合、還付される自動車税の額も高額になるため、特に注意しておく必要があります。
年度途中の5月、6月に買取を行ってもらった場合、未経過分の税の返金額だけでもかなり高額なため、買い取り価格に中に税金が含まれているかということを確認しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加