中古車買取の際のリサイクル料の扱い

中古車買取の際のリサイクル料の扱い
中古車を購入すると、車両本体価格や名義変更等の手続き代行費用と一緒にリサイクル料を支払っていることがあります。

同じ車両に長く乗り続けていると、このリサイクル料の存在は忘れてしまいがちになりますが、中古車買取店に所有する車両を売却しようと考えているのであれば、この料金の取り扱いについてもチェックしておくべきです。

そもそもリサイクル料とは、2005(平成17)年元日から施行された自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づいて徴収されている費用で、支払うとリサイクル券(預託証明書)が交付されます。

自動車リサイクル法では、自動車の不適正処理や不法投棄による環境への影響を減らす目的で、適正に処理することが難しい自動車部品であるフロン類、エアバッグ、シュレッダーダストの処理を自動車の製造業者や輸入業者の責任で行うことを義務づけていますが、これとともに規定されているのがこれら3種類の部品の処理費用を自動車のユーザーが負担する義務で、リサイクル料は部品の処理を実施してもらうための預託金という位置づけになっています。

リサイクル料は、自動車の所有者であれば全員支払わなければなりませんが、最終的には車両の最終所有者が負担する仕組みになっています。どのような車両も最初は新車として購入されてユーザーの手に渡りますが、この新車購入代金の中には必ずこの預託金が含まれています。

やがてユーザーは所有している自動車について、中古車を扱う店に買取を依頼するか、廃車にするかのどちらかを選択することになりますが、前者を選んだ場合は次の所有者となる買主にリサイクル券を渡し、売主は買主から売却代金と一緒に預託金を受け取ります。

次の所有者以降も、自動車を売却する際の預託金と預託証明書を同じように取り扱っていきます。
預託金と預託証明書の受け渡しが無いのは車両の最後の所有者のみであり、その前までの所有者は車両の売買時に支払った預託金が相殺されているため、見かけ上は最後の所有者のみが預託金を負担する格好になります。

預託金の取り扱いは上記の通りであり、本来であれば預託金は査定価格と別の扱いにすべきものです。
しかし、実際には自動車の買取査定価格に預託金を含む形にする運用が多くの中古車買取店で行われています。

もし、預託金がどのようになっているのかが気になるのであれば、査定価格が提示されたときに中古車買取店のスタッフに確認をとりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加