中古車査定業者を価格以外で決めた理由

中古車査定業者を価格以外で決めた理由
中古車査定業者を決める理由として、一番は「価格」で選ぶことが多いものの、中にはそれ以外の理由で利用する業者を決めたという経験がある人も居ます。
基本的には少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけ出すということがセオリーではあるものの、仮に非常に高い金額を提示してくれたとしても「ものすごく対応が悪い業者だった」と言う場合には気持ちよく車を売れないこともあります。

とは言え、如何に対応が悪くともお金に換算できれば帳消しに出来ると考えている人も居るので一概にいう事は出来ないものの、そういった不満を感じる業者の場合には「本当に安全なのか?」、「不法投棄などされないか?」と言った不安を感じてしまうことも多くなるため、どうせなら価格は多少低くなってしまっても納得出来る業者に売りたいと考える人が居ても不思議ではないでしょう。

一般的に、中古車を売ろうとしている人の多くは大手の中古車査定業者を利用します。
テレビやネット、ラジオ、雑誌など様々な媒体を利用してコマーシャルを行っているという事もあって認知度が高く、「とりあえずあそこに申し込んでみようか」という利用者も大勢います。車を高く売る為に大切なコツを知らない人であれば、「大手だから間違いないだろう」と言った感じですぐに契約してしまうこともあります。

この場合、利用者は必ずしも価格を見て契約するかどうかを決めていると言う訳では無く、「安心感」や「信頼」などで契約を決めています。
先に紹介している「印象」にも通ずるところがありますが、あくまでも「金額が全て」と考えて相応の方法を実践している人にとっては理解できない部分かも知れませんが、そういった理由で売却先を決めているオーナーも非常に多く居ます。

自分が愛着を持って乗ってきた車を少しでも高く評価してもらいたいという思いは誰もが持っていておかしくないものです。
しかし、いくら高く評価してもらえたとしても、その車をぞんざいに扱われてしまったり、場合によっては違法な手段に利用されてしまうという事ではいけない為、あらかじめ「信用できるかどうか」というものを基準として売却先を決めるというのも一つの考え方です。

非常に対応が悪い中古車査定業者だとしても、実は非常にしっかりしている業者である可能性もあります。いわゆる「職人気質」が強い経営者などは非常にぶっきらぼうな態度になってしまうこともありますが、その代わりに外の部分はしっかりとしているという事も珍しくありません。個人の印象だけで決めてしまわず、他の利用者の口コミなども参考にすると失敗のリスクを減らすことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加