中古車査定に出す前に、事故に遭ったときは「評価損益」(格落ち)を請求しよう!

中古車査定に出す前に、事故に遭ったときは「評価損益」(格落ち)を請求しよう!

「評価損益」(格落ち)って何だ?

たとえば、あなたが交差点で信号待ちをしていたら、後ろから追突されてしまったとします。
あなたの車は赤信号で完全に停止しており、追突した車は、運転手がわき見運転をしていてあなたの車に追突。
この場合、10:0であなたの過失は0ということになります。

もちろん相手の保険で車の修理代は出してもらえます。
しかし、あなたの車はシャーシーに若干のゆがみが出てしまって事故車扱いになってしまいました。

この車を中古車査定に出した場合、本来なら(事故車でない場合)の査定額よりも、低い査定額になってしまいます。
この本来の査定額と実際に事故に遭ってしまった後の査定額の差額を「評価損益」(格落ち)と言います。

本来の評価損の意味合いは「修理が完璧に行われても、その車本来の機能や性能の低下が認められる場合、事故に遭わなかったと仮定した場合の、その自動車の評価額の差」ですが、実際には特に不具合や性能、耐久性の低下が認められなくても、「事故に遭った車」というだけで中古車査定額の減額に繋がるため、この状況を鑑みて、このような場合でも「評価損益」(格落ち)が認められるようになって来ました。

この「評価損益」(格落ち)を請求する相手は、相手の車の保険屋さんになります。
もちろん保険屋さんは、1円でも保険金を出したくないので、「評価損益」(格落ち)を請求すると「それは無理です」とか「それは法的に認められてません」とか、あの手この手で支払いを拒否しようとします。

しかし、もしも事故を被って「評価損益」(格落ち)が発生した場合、それを請求する権利があると弁護士も公に発言していますし、過去の裁判の判例でも「評価損益」(格落ち)は認められています

どのようにして評価損額は決まるのか?

評価損額は、主に二種類の算出方法があるようです。

1、事故前、事故後の査定額を出して、その差額を評価損額として算出する方法。
2、事故車両の修理費用の10%~30%を評価損額とする方法。

この上記の算出方法が、最近の評価損額の主な算出方法になっています。
1の方法ですが、誰が査定するのか?と疑問に思いますね。ディーラーなどで査定額を算出してもらってもいいのですが、現在は中古車取引きの目安となる中古車の価格情報が記載されたイエローブックがありますので、どこで査定しても、査定額にバラつきは出ないと思います。

また、公的な機関(財団法人日本自動車査定協会)の査定士に算定してもらうのもオススメです。
この日本自動車査定協会では「事故減価額証明」という証明書を発行してくれます。実際に日本自動車査定協会まで車両を持っていくか、出張して査定してもらい、そのものズバリ「事故減価額」を算出してもらいます。
査定は有料ですが、この査定料金も相手の保険屋さんに評価損額といっしょに請求できます。
事故減価額証明
ここで注意しておきたいのは、修理屋さんに「相手の保険屋に評価損額を請求する」ということを言わないほうが良いです。
修理屋さんは、保険屋さんとの交渉が長引いて、修理代金が保険屋から出なくなってしまうのでは?と思ってしまうからです。

また、日本自動車査定協会は公的な機関ですので、’そこが発行する「事故減価額証明」 は結構な威力があります。ですが、日本自動車査定協会による査定は、ディーラーなどが行う中古車査定の査定額よりも低い金額になるのがほとんどです。

保険会社からすれば、「評価損益」(格落ち)はやっかいだし、認めたくないけれども、それが正当な請求であれば認めざるを得ないと言う事になると思います。
あまり一般的に知られていない「評価損益」(格落ち)ですが、事故に遭って明らかに損害を受けたのだから、「評価損益」(格落ち)は請求して当然の権利です。

中古車査定に出す前に、事故に遭ったら評価損益請求をしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です