中古車一括査定で車を売った時に確認すべし!自動車税の還付について。

中古車一括査定で車を売った時に確認すべし!自動車税の還付について

返ってくる税金

自動車の税金は、そお税金の種類によって返ってくるものと返ってこないものがあります。
自動車税は返ってきますが、自動車重量税は返ってきません。(ただし、車検が残っている中古車を廃車にする場合、自動車重量税は返ってきます)

まず、返ってくる自動車税について。

自動車税は、車の排気量によって税金額が規定されており、毎年4月1日の時点でのその自動車の所有者に課せらる税金です。
車の所有者または使用者(ローンで車を購入した場合は所有者がローン会社になっていま)が支払うことになっており、1年ごとに納付します。既に納付済みの中古車を売った場合、売った翌月から次の3月までの月数で割った金額が返ってきます。

ですが、軽自動車の自動車税は返ってきません。政府の答えとして軽自動車は税額が安いから手数料などで相殺されてしまうと言うのが理由なのですが、ちょっとスッキリしませんねぇ・・・。
少額でも税金なのですから、手数料などは関係ないと思いますが・・・

この自動車前に関して、中古車一括査定などで愛車を査定し、買取業者に買取ってもらう場合に、自動車税の取扱いが業者によって異なることがあるのです。その為、たとえ買取り金額が同じだとしても、自動車税の取扱い方によって実質的な買取価格が業者によって変わる場合があります。

車の買取金額が同じ80万円だとしても、来年の3月までの自動車税を買取金額に含む業者と、そうでない業者では、実質の買取金額が違ってきます。

何十万円の差になる訳ではありませんが、査定時には自動車税の取り扱いを必ず聞いておきましょう。これを聞く事によって、査定する業者に「この人は簡単に落としにくいな」という印象をあたえるのにも効果的です。

返ってこない自動車税

自動車重量税は車を売っても返って来ません。

自動車重量税は、車の重量や種類に応じて課せられる税金です。 通常は、新車で車を購入した時や車検の時に納付します。

この自動車重量税は、車検の期間分の税金を先払いすることになっています。
そのため、普通乗用車を新車で買った場合は3年間、それ以降は2年ごとの車検時に3年分、あるいは2年分の自動車重量税を先払いします。

ですから、新車で車を買った時に3年分の自動車重量税を支払い、1年後にその車を売却したとすると、まだ残っている2年分の自動車重量税は戻って来ません。
ですが、中古車を買った場合、その中古車に車検期間が残っていれば、その期間分の自動車重量税は払わなくて良い事になります。

「自動車重量税は車を売っても返って来ません」と申しましたが、実は返ってくる場合があります。

それは、車を「廃車」にした場合です。

自動車重量税は、車を廃車にすると車検の残存期間の分が返ってきます(廃車にしたらもうその自動車は存在しない事になりますので、返ってきて当然といえば当然なのですが・・・)

この際の自動車重量税の返金ですが、廃車と共に解体し、永久抹消登録申請もしくは解体届出を提出して自動車重量税の還付申請が行われた場合に車検残存期間に応じた自動車重量税額が還付されます。

返ってこない自動車重量税は仕方ありませんが、返ってくる「自動車税」は買取業者に車を売却する場合、しっかりとチェックしておきましょう。
通常は買取業者の方で手続きしてくれますが確認しておいてソンはありません。

業者の方で手続き後、税務署から自動車税還付に関する書類が送られてきますので、それを指定金融機関に持っていけば自動車税の還付金を受け取ることができます。

通常は最寄の銀行で手続き出来ます。カンタンですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です