中古車は要注意!バッテリーの寿命

中古車は要注意!バッテリーの寿命
バッテリーの寿命は約3年くらいと言われていますが、普段気にしていないとついつい忘れてしまいがちですね。

私も朝、出勤する時に車のエンジンを掛けようとしたらバッテリーが上がってしまっていてエンジンが始動できない!なんて経験をしたのは1回や2回ではありません。

最近の車のバッテリーは高性能なので、寿命間近になっても結構ちゃんと電圧が上がってるんですが、いきなり死んじゃうことが多いような気がします。

特に、中古車の場合はバッテリーの交換時期がわかり難いので、中古車を購入した場合はバッテリー上がりのリスクが大きいと言えます。
整備記録に書いてある場合もありますが、書いてあったとしても新品のバッテリーが装着されている事は滅多にありませんし、中古車査定で買い上げられた時も業者に「バッテリーはいつ交換しましたか?」と聞かれることもあまりありません。

例えば外出先でいきなりバッテリーが上がってしまって、エンジンがかからなくなったら、とりあえず他の車にブースターケーブルを繋がせてもらって助けてもらうのですが、このブースターケーブルの繋ぐ順番って決まっているんですよね。

で、普段、そう滅多にこんなコトしませんから、いざ繋ごうとすると「あれ?どうだっけ?」と言うことになっちゃう・・・

この順番を間違えると、助けてもらっている車のバッテリーを壊しかねません。

そこで今回は、バッテリー上がりの時に繋げるブースターケーブルの取り付け方(取り外し方)について、おさらいしたいと思います!

中古車は要注意!バッテリーの寿命

準備
バッテリーが上がってしまった車(ここでは故障車と呼びます)と、電力を供給する車(ここでは支援車と呼びます)の、お互いのバッテリーが近い位置に車を停めます。
故障車はエンジンをOFFにし、支援車はエンジンを掛けたまま、アイドリング状態にしておきます。

また、両車とも、かならずパーキングブレーキを掛けておくのを忘れないようにしてくださいね。

  1. 故障車のバッテリーのプラス(+)端子に赤色のブースターケーブルを繋ぎます。
  2. 支援車のバッテリーのプラス(+)端子に赤色のブースターケーブルを繋ぎます。これで故障車と支援車が赤色のブースターケーブルで繋がれました。
  3. 次に黒色のブースターケーブルを接続します。支援車のバッテリーのマイナス端子(-)に黒色のブースターケーブルを繋ぎます。
  4. 次に故障車のエンジンブロックの金属部分(金属が露出している部分)に黒色のブースターケーブルのもう片方を繋ぎます。これで赤色と黒色の2本のケーブルでくるま同士が繋がれました。
  5. 30秒~1分ほど待ってから、故障車のエンジンを始動させます。この時のエンジンを始動させる電力は、支援車から来ていますので、これでもエンジンがかからない場合は、バッテリー以外にも故障の原因があることが考えられます。
  6. 故障車のエンジンがかかったら、ブースターケーブルを取り外します。取り外す順番は取り付けの時と逆で、故障車のエンジンブロックの金属部分に取り付けていた黒色のブースターケーブルを最初に外します。
  7. 次に支援車のバッテリーのマイナス(-)端子に繋がれていた黒色のブースターケーブルを取り外します。
  8. 続いて、支援車のバッテリーのプラス(+)端子に繋がれていた赤色のブースターケーブルを取り外します。
  9. 最後に、故障車のバッテリーのプラス(+)端子に繋がれていた赤色のブースターケーブルを取り外して終了です。

大事なのは、赤(+)と黒(-)のブースターケーブルを取り付ける(取り外す)順番です。

この順番を間違えるとバッテリーを損傷させてしまったり、車を故障させてしまったりする危険があります。

また、ブースターケーブルをバッテリー端子に取り付ける(取り外す)時に火花が散ることがありますので、近くに燃えやすい物や引火性の物がある場所での作業は行わないようにしてください。

また、バッテリー上がりを起こしたバッテリーは、内部の電極が劣化している場合が多いです。
なるべく新品に交換するのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です