中古車に乗ってるからJAFに入らなきゃ!え?マジ!?

中古車に乗ってるからJAFに入らなきゃ!え?マジ!?
私の友人で、初めて中古車を購入した者がおりまして、彼がこんな事を言っていたのです。

「今までは新車に乗っていたから故障の心配もあまりなかったけど、今回は中古車を買ったから、万一のためにJAFに入らなきゃ!」

え!?何で?

一般社団法人日本自動車連盟(にほんじどうしゃれんめい、JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION)を知らない方はいないかと思いますが、JAFに入る理由はほとんどの人が事故や故障のときのロードサービス(故障救援)のためだと思います。

良く耳にするのが「キー閉じこみ」の際にJAFに来てもらって車のカギを開けてもらったというハナシですね。

このJAFは会員になると年間4000円の会費がかかります(入会金は別途2000円)。会員になるとロードサービスが無料で受けられます(燃料代、バッテリー代、エンジンオイル代、ブレーキ・クラッチオイル代、ラジエーター液代や、15km以上の牽引、特殊作業、有料道代、有料駐車場の駐車場料金等は料金がかかります)
もちろん会員でなくても有料でロードサービスを受ける事ができます。(かなり割高ですが)

ですが、このJAFに入る目的って、先ほども書いたとおり、緊急時のロードサービスなんですね。

「中古車って壊れやすそうで不安だからJAFに入らなきゃ!」

という気持ちも判らないではないですが、任意保険にもロードサービスが付帯している事を忘れていませんか?

特に、最近流行のダイレクトの自動車保険は、事故や故障の際のレッカーなどの無料ロードサービスが大きな特徴となっています。
下記に主なダイレクトの自動車保険のサービスとして、各社で差が出やすいレッカーサービスの無料レッカー距離を比較してみました。

社名 拠点数 無料レッカー距離
JAF 直営251/指定工場1,610 15kmまで
アメリカンホーム 9,600 50kmまで
アクサダイレクト 9,600 35kmまで
チューリッヒ 9,500 100kmまで
ソニー損保 9,000 50kmまで
SBI損保 9,680 50kmまで
三井ダイレクト 3,000 30kmまで
そんぽ24 9,500 100kmまで
イーデザイン損保 9,300 60kmまで
セゾン(おとなの自動車保険) 8,000 300kmまで
セコム損害保険 不明 50km JAF会員は65km

一番少ない三井ダイレクトでも無料レッカー距離は30kmですから、JAFの倍ですね。
セゾン(おとなの自動車保険)に至ってはレッカー距離が300kmなので、他県からでも帰って来れそうです(実際には保険会社の指定工場までの移動ですから、300kmということは無いと思いますが)

上記は保険料金の安いダイレクト型の自動車保険ですが、一般的な代理店型の自動車保険にもロードサービスは付帯している場合が多いです(保険によってはロードサービスを含めないで料金を安くできるものもあります)
たとえば、三井住友海上の「GK クルマの保険」では、レッカーは500kmまで対応(無料)していますから、こちらもJAFより多いですね。

というか、ほとんどの自動車保険に付帯しているロードサービスって、JAFより手厚いんですね。
中古車に乗ってるからJAFに入らなきゃ!え?マジ!?
このレッカーサービスは各々の保険会社が自社で運営しているわけではなく、提携している業者に委託しています。

そして、三井ダイレクトやセコム損害保険は、利用者がJAF会員であればJAFに取り次ぐ事になっているんですね。
ですから、JAFに入っていても入っていなくても受けられるサービスにほとんど変わりはありません(JAF会員の場合、レッカー距離がJAFの規定距離の15kmだけ増えます)。

JAFはロードサービスの他、宿泊施設などの割引があったり、モータスポーツライセンス取得のために加入している方もいるかもしれませんが、ごく少数でしょう。

JAFに入っている人は、今一度ご自分の自動車保険のサービス内容を確認してみるのが良いと思います。

JAFの会員であれば、自分の車以外の車を運転していてもロードサービスを受ける事ができます。
自動車保険は、他人の車では保障が受けられません。ですが、他人が保険の掛けられた車を運転していてもロードサービスを受ける事ができます。

JAFのロードサービスは「人」に掛かる保障
損保のロードサービスは「車」に掛かる補償

これが一番の違いだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です