三菱自動車の不正と燃費基準の問題

三菱・・・本当に残念です
もうね、本当に残念ですよね。三菱自動車。
三菱自動車って言えば以前起こしたリコール不正事件がすぐに頭に浮かびます。

まだまだあの事件の印象がえていないうちに飛び出した今回の不正問題。
前回の事件の時、あれだけ大騒ぎになって本当に会社が潰れかかって「こんだけ痛い思いをすればもうもう二度とインチキはしないだろう」と誰もが思っていたと思います。
で、今回の事件。

私、三菱車を所有したことはありませんが、結構面白い車造りをする会社だと思うんです。
アイミーブなんて良い例だと思いますね。
先日遊びに行ったタイでも、ミラージュが結構走っていました。
この前の車検の時にデイズルークスを代車で借りたのですが、かなり良い印象でした。すごく使いやすかったんです。

あの世間を騒がせたリコール事件からやっと立ち直り、過去最高益を出した直後なだけに残念です。
デイズ

三菱自動車が一番悪いのはもちろんですが、国交省にも責任があるのでは?

今回の事件は、「JC08モード燃費」と呼ばれる計測方法で得られた燃費の値に不正があったというものなのですが、詳しい計測方法や内容はちょっと難しいのです。
問題は、この数値がはじき出される課程にあります。
まず、燃費の計測方法ですが、交通省所管の独立行政法人・交通安全環境研究所の審査に基づいて、シャシダイナモメータを使って計測されます。
シャーシーダシナモ計測された値に、空気抵抗とタイヤの転がり抵抗を加えて実際の走行値に近づけた値を出すのですが、この走行抵抗の値って、第三者が計測するわけではなく、各自動車メーカーが各々計った値を申告し、それを使用しているのです。
ここで「は?」と思った方、大勢居ますよね?
燃費の元になる数値が申告された数値って・・・
ここで三菱自動車は不正を行い、有利な数値を申告していたわけです。
これって、変ですよね。
意図的に有利なデータを申告した三菱自動車が悪いのはもちろんですが、このデータをチェックするロジックが存在していないというのは国土交通省の落ち度ではないでしょうか?
だって、自動車のカタログに記載されているJC08モード燃費のところには「国土交通省審査値」って書いてあるのですよ。
「製造会社届出値」ではなく、あくまでも「国土交通省審査値」です。
普通に考えたら監督する立場の国土交通省にも責任があるんではないの?

そもそも燃費基準っておかしくないですか?

このJC08モード燃費ですが、この数値によって減税や免税の対象になったりします。要するに「お金の問題」が絡んできちゃうので、一層ややこしく
なってるんですね。
現在、車の燃費基準によって減税や免税が区別されているのですが、この燃費基準ってちょっとおかしいところがあるんですね。
この燃費基準の概念は、車重が重ければエンジンの負担が増えるから燃費を緩くし、車重が軽ければエンジン負担が減るから燃費を厳しくすると言う趣旨なんです。
要するに、排気量が小さくて大柄な車は有利で、軽い車は不利になりますから、小さいエンジンを積んでいる軽自動車や、大柄な車体のミニバンなんかは燃費基準を達成しやすくなっています。これが最近の軽自動車、ミニバンの売れ行きを大きく支える原因にもなっているんですね。
逆に、エンジンの大きさの割に軽い車体のセダンやクーペは不利になるんです。

また、燃費基準は15の車両重量区分があり、それに応じたJC08モード燃費を掛けることで算出するのですが、車重が重量区分の境界にある車は、オプションを付けたりすることで車重が重くなると、その結果としてエコカー減税の対象になったりする車種があるんです。
重くなると言うことは燃費も悪くなるはずですが、逆にエコカー減税の恩恵を受けられるんですね、全然エコじゃない。
っつーか、明らかに矛盾してますよね。

燃費基準の規定を改正するべきでは?

現在の車重とJC08モードの数値という数字だけで燃費基準を算出するのでは無く、車体の容積やベースとなるグレード、オプションの有無など、もっと細かい内容も加味し、現実的な内容の燃費基準に改めるべきだと思います。
もちろんそこには「自動車メーカーからの届出値」などは使わず、すべての面で第三者機関、あるいは国土交通省の責任の下で測定された数値を使用するようにして欲しいですね。

今回の事件で、三菱車の中古車価格も影響を受けることは避けられないでしょう。
不正が行われた車種がエコカー減税の対象車であり、燃費改ざんによる減税の差額分を政府が三菱自動車へ請求するようです。
協業である日産自動車への保障問題も出てくるでしょう。
そして気になるのが対象車種のオーナーへの賠償問題。
これはかなり荒れるような気がします。

政府の対応にもよりますが、燃費を当てにして購入した人は結果的に騙されたわけですから、集団訴訟なんかも起きるかもしれません。
また、中古車屋さんにある車両についてはどのような補償になるのか。
こんなことになってしまったからには対象の三菱車の中古車を買いたいと思う人は少ないはずです。
中古車屋さんにとってもかなり頭の痛い問題です。

そして、現在対象車両を所有していて、その車両を売却しようと思っている方。
もう、本当に運が悪かったとしか言い様がありません。
三菱のディーラーに持って行けば「せめてものお詫びとして高く買い取ってくれる」なんて事があれば良いのですが、まずそんなことはないでしょう。

これから多額の補償をするためにリストラや工場の閉鎖も行われるかもしれませんし、そんな会社が高価買い取りをするはずがありません。
やっぱりネットの一括中古車査定で、少しでも高く買ってくれる業者を探すのが一番手っ取り早い方法だと思います。
三菱中古車センター
実は、私の友人が今回の不正対象車両である「デイズ」に乗っています。
本日時点でディーラーなどからは何の連絡も無いとの事ですが、何か進展があったら連絡をくれることになっていますので、その際はこちらでも逐一ご報告させていただこうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です