ローン中でも中古車査定で売却可能!

ローン中の中古車も売却可能!
ローンで車を買った場合、ほとんどのケースが車の所有者はローン会社の名義になっているはずです。
ローンが完済されるまでは車の持ち主はローン会社で、買った人(ローンを払っている人)は、あくまでも「使用者」なのです。
ですから、ローンが完済されて車検証の所有者の名義が変更されるまではその車を売却する事はできません
が、ローン中の車でも売却することが出来る場合があります。

本当にローンが残っている中古車も買取ってくれるの?

たとえば、あなたが200万円の車をローンで買ったとします。既にローンで返済した金額が120万円、残りが80万円ですね。
この車を一括中古車査定で査定すると100万円の買取価格が出ました。
すると、買取業者はまず買取金額100万円の中から80万円をローン会社に一括支払いしてローン完済の手続きをします。すると名義変更が可能になり、所有者をローン会社名義から買取業者名義に変更します。そして残りの20万円をあなたの口座に振り込んでくれます。

また、中古車査定での買取金額がローンの残り80万円より安かった場合、例えば50万円の買取金額だった場合は、ローン完済にあと30万円足りません。
この様な場合でも、残りの30万円を払えば、車を売却することが可能です。では、その残り30万円が手元に無かったら?
買取業者はその残り30万円をローンで返済する手配も行ってくれます。

なぜ買取業者はここまでしてくれるのか?

それは、1台でも多くの中古車を買取りたいからです。
特にローンがまだ残っている車は、新車で購入した車が多く、新しい車が多いのです。
また、ローン中という事もあり、ユーザーも比較的大事に車を扱っているので程度の良い中古車がほとんどです。
このような車はオークションに出品すれば高値が期待でき、買取業者としては「是非とも買取りたい車」なのです。
こんな「オイシイ車」が目の前にあるのにローン会社の名義になっていては車を買取ることが出来ません。
ですから、買取業者は、このような便宜を積極的に行ってくれるのです。

ですが、ディーラーではこのような事は行ってくれません。
あくまでも中古車買取業者のみが積極的に行っている方法です。

ですから、ローン中の車を売却したいと考えている方は、まず一括中古車査定に申し込むと買取業者からコンタクトがありますので、その時に「ローン中の車を売却したい」と伝えましょう。

ちなみに、すべての中古車買取業者がローン中の中古車を買取ってくれるわけではありません。大手買取業者(ガリバー、アップルなど)はローン中の中古車でも買取OKですが、地域型の小さな買取業者は不可な事が多いです。

ローン中の車を売りたい方は、なにはともあれ、コンタクトが来た買取業者に遠慮なく聞いてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です