車検に通らない!?ヘッドライト検査基準の変更

車検のヘッドライト検査基準が変更
今年の9月1日より、車検のヘッドライト検査基準が変更されたのはご存知ですか?
いや、私もさっきまで知らなかったんですが・・・
まあ、別に生活に直結することじゃないですし、大きく報道されていたワケじゃないですから知らないのも当然かと。

ですが、このヘッドライトの検査基準が変更された事によって、今まですんなりと通っていた車検に通らなくなった!という事も起こっているみたいです。
ですので、一応車検前には頭の片隅に覚えておいてもソンはないでしょう。

いったいどこが変わったの?

今回の基準改訂で何が変わったかと言いますと、今まではハイビームで測定されていたヘッドライトの検査が、9月1日からはロービームで測定するようになったのです。

なぜかと言いますと、平成10年9月以降に造られた車は、ロービームを基準として設計されたヘッドライトが取り付けられているため、それまでのハイビームを基準とした検査ではなく、ロービームを基準とした検査に変更される予定でした。

ですが、全国の車検検査場に設置されているヘッドライトテスター(ヘッドライト計測器)は、それまでの基準に合致したハイビームでの測定しか出来ないものが多く、すぐにロービームへの検査を実施できなかったという理由があります。
また、検査基準切り替え予定だった平成10年時点では、ロービーム基準の車がまだ少なかったため、ロービーム基準の車が増えるのを待ってから新基準の検査に移行する事になりました。

ヘッドライトテスター

HID取り付け車は特に注意!

このヘッドライトの検査ですが、これにパスしなければ当然と車検も通りません。
ここで注意して欲しいのは、ヘッドライトを社外製のHIDなどに交換している場合です。
色々なメーカーからHIDライトが発売されていますが、このようなHIDライトは発行点が合っていない物が多々あり、それによってエルボー点が出にくかったり光度が少なかったりするものが多いのです。
安価なHIDだけでなく、高価なHIDでもこのような不具合が見受けられるようです。
このようなHIDを取り付けていた場合、まず車検検査には通りません。
逆に言えば、今回の検査基準の改定は、このような粗悪なヘッドライト改造・交換した車両を排除するために行われたのでは?とも思ってしまいます。
ですから、HIDが車検の検査に通らない場合は、純正のヘッドライトに戻して車検を受けてみましょう。
もし純正に戻して車検に通るようであれば、取り付けていたHIDが粗悪品という事です。

サードパーティー製のHIDは、ほとんどが正常な発光・配光が出来ていないとも言われています。
そのようなHIDは周囲の迷惑になるばかりでなく、事故の原因になる場合もあります。
HIDヘッドライトを取り付ける場合は、しっかりと調整されたものを使用するようにしましょう。

また、中古車で購入した車などは、経年変化によってヘッドライトレンズ自体が曇ってしまっている場合があります。
この場合も車検に通りにくいようです。
そのような場合は、ヘッドライト研磨をすると良いでしょう。
ヘッドライト研磨に関しては、こちらのエントリーをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です