プリウスの中古車買うとヤバイの?

プリウスの中古買うとヤバイの?
せっかく候補に挙がっていた軽自動車が買えなくなった我が家の車買い替え構想。

そんなわけで、おばあちゃんを含めた家族5人全員が乗れる車となると普通車(登録車)しか選択の道は無くなったわけですが・・・

となると予算の関係上、あんまり贅沢は言えなくなってきました。
それでもいろいろな車種が候補に挙がっているのですが、今回はその中から「プリウス」に関する話題です。

先日新型が発表されて、ひとつきで32万台の受注!とものすごい人気の新型プリウスですが、新型が出たことで中古車の価格もかなり下がってきており、たとえば2011年以前のタマであれば100万円以下で買える物も多くなってきました。
実車を見たわけではにのですが、ネットで調べた限りでは走行距離が5万キロ以下でナビ付きの状態の良さげな中古車が100万円以下の価格で売りに出されています。
ハイブリッドですから燃費の良さは申し分なし、これだったら何年か乗るのであれば軽自動車よりもトータルでお得かもしれません。
ひょっとしてかなりジョリーグッドな選択かも!?

プリウスってバッテリー交換がやばい!?

よくこんなハナシを耳にしたことがありませんか?

「プリウスの中古はバッテリーの交換費用が50万円以上かかるから、結局損をすることになる」
プリウスのバッテリー
ネットを見ていると、結構こんなハナシを見かけるのです。
確かにハイブリッドカーはでっかいバッテリーを積んでいますから、その値段も結構するでしょう。
もし交換なんて事になったらかなりの金額になることは想像できますね。
しかもバッテリーは消耗品。

車に積まれている通常のバッテリーでも寿命は3年くらい。
もしプリウスに搭載されているバッテリーも数年で寿命を迎えるのであれば、プリウスの中古車を購入する場合は、バッテリー交換費用を含めて考えないとなりません。
というか、もしネットで噂されているように、プリウスのバッテリー交換費用が50万円であれば、100万円の中古車を買う場合は150万円の費用を見込んでおかなければならないと言う事ですよね。

うーん、高いなぁ・・・

でも本当にそんなに早くぶっ壊れるのでしょうか?プリウスのバッテリーって。

というワケで、タイで自動車部品関係の会社に勤めているウチの兄貴にメールで聞いてみました。
ちなみにタイでもプリウスは販売されていて、売れ行きも好調だそうです。

その兄からの回答によりますと、プリウスのバッテリーはそんなに早くぶっ壊れたり寿命が来たりしないそうです。
プリウスのバッテリーが交換が必要なほど劣化するのは、走行距離20万キロを超えてからがほとんどらしいです。
たまに何らかの要因でそれよりも早く要交換になる場合もあるみたいですが、それはとても珍しいケースで、普通は20万キロくらいでしたら余裕だそうです。
もしも運悪く20万キロ以下でバッテリーを交換しなければならばくなった場合でも、交換費用は18万円くらい。
噂されている「交換費用50万円」というのは全く根拠の無い話なんですね。

ですから、走行距離5万キロの中古プリウスを買ったとしても、我が家のような通勤と、数ヶ月に一回の長距離ドライブという使い方であれば、恐らく10年近くはバッテリーの心配をしないで乗れると思います。

と言うわけで、次の我が家の車候補に頭一つ抜き出た感じの「プリウス」

どんなもんでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です