フェラーリの中古車価格が上がるの?あーそれは困った(棒読み)

フェラーリの中古車が!?
フェラーリですよ、フェラーリ。

誰でも知ってるこのフェラーリ、知っているけど乗ったことが無い人が大半のこのクルマ、年間の生産台数が何と約7000台

ちなみに2014年の生産台数はわずか7255台
販売台数じゃないですよ、生産台数です。

例えば、ホンダの大ヒット車、「フィット」の、2006年発売初月の販売目標台数(生産台数じゃありません、販売目標台数です)8000台ですから、いかにフェラーリの年間生産台数が少ないかわかりますね。

そのフェラーリですが、10月21日に、ニューヨーク証券取引所に株式を上場し、 初日の終値は売り出し価格を3ドル上回る55ドルを付けたそうです。
フェラーリの株式総額は、104億ドル、日本円に直すと約1兆2500億円だそうですが、これってマツダと同じくらいの規模なんだそうですよ!
年間7000台しか作ってないのに、あのマツダと同じくらいの株式総額なんて、ちょっとビックリですよ。
フェラーリの中古車価格が高くなるってほんと!?
でもですね「いやぁ、一生懸命頑張って頑張って作ってますが、年間7000台がいっぱいいいっぱいです!」ってワケじゃなくて、あんまり作りすぎちゃうと希少価値が無くなっちゃうから、ワザと年間7000台に抑えているんですね。

ま、個人的にはフェラーリってあんまり好きじゃないので興味も無いのですが、このフェラーリが上場したとたん、「今まで7000台しか作らんかったけど、今度から9000台作っちゃうよー」と言い出したのです。

これを聞いた一部のフェラーリマニアや、投資対象にフェラーリを所有している人たちが大ブーイングを起こしたそうです。

そんなに作ったら中古車の価値が下がる!中古車の値段も下がっちゃう!キーッ!

いやいや、7000台→9000台っすよ?
わずか2000台増。

しかも価値があるフェラーリの中古車(ビンテージカー)の台数が増えるわけじゃないんだから、そんなに心配しなくても・・・と思っちゃいます。
フェラーリの中古車価格が上がる?
ま、私の様な貧乏庶民にとっては全く関係ない世界の出来事ですね。
「やったー!2000台増えたからボクにも買える!」ってワケでもないじゃないですか。

まぁ実際のところは、中東や中国の富裕層にむけてもっとバンバン売って儲けたい!というのがホンネだと思いますが、株式上場なんかしたらそのうち中国資本に乗っ取られちゃうんじゃないかなぁ?と思います。MGみたいに。

もし、フェラーリが中国資本になったら、きっと生産台数をバンバン増やして売りまくる事でしょう。

中国資本になったことでブランドイメージもへったくれもないですから、ただの「早くて派手で高いクルマ」になっちゃうんでしょうなあ。
すると、以前の中国資本じゃなかった頃のフェラーリがとても希少価値のあるものになり、フェラーリの中古車価格はガンガン上昇することでしょう。

というわけで、フェラーリの生産台数が増えてお嘆きの方々。

フェラーリを中国資本に買い取ってもらうのが、中古車フェラーリの価値を上げる手っ取り早い方法だと思うのですが、いかがでしょうか?

え、ダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です