バンコクへ行ってきます!

バンコクへ行ってきます!

ウチの兄がタイのバンコクに赴任していまして、毎年今頃の時期に一人で兄の所へ遊びに行くんです。
兄は自動車関係の会社に勤めていまして、バンコクに赴任してもうかれこれ7年くらいになるでしょうか?
最初は3年だけ!と言われいたそうなのですが、何だかんだでもう7年間もバンコクで赴任生活を送っています。
年に1回、帰国のための飛行機代が会社から支給されるのですが、自分が日本に帰るために使っても良いし、家族を日本から呼ぶために家族の飛行機代として使っても良いらしく、今年から役職が付くようになったので、二人分の飛行機代が出るらしいのですが、あいにく兄は仕事が忙しくて日本に帰る暇が無い・・・
二人分の飛行機代がもったいないから、嫁さんと二人でタイに遊びに来ないか?と、弟の私に言ってきたわけです。

嫁さんと二人で行ければ良いのですが、まだ小さい子供を放っておくわけにもいきませんので、せっかくだから家族全員で行っちゃえ!という事になったのです。
とは言っても、子供二人の飛行機代は自腹です。で、これが結構高いんですね。
ウチは上が6歳、下が3歳なので、二人とも通常料金。
車検費用として貯めておいたお金がまるまる吹っ飛んでしまいました(泣)

タイと言えば、先日、国王が崩御されましたね。
日本でも大きく報道されましたが、兄の話によると1年間は喪に服す期間だそうで、外では皆黒い服装をしているそうです。
兄からは、「黒か以外の服は持ってきても家の中以外では着ることが出来ないから注意するように」と言われました。
せっかく遊びに行くのに、お店が閉まっていたらつまらないなぁ・・・と思いましたが、兄の話では、レストランもデパートも観光施設も通常通り営業しているようです。

タイのクルマ事情ってどんなんですか?

タイで走っている車は、圧倒的に日本車が多いです。
タクシーはほぼ100%と言って良いくらい日本車、それもトヨタ車ばかりですし、日本の大手自動車メーカー(トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキ、三菱、スバル、レクサス)は、すべて現地ディーラーがあって、新車を販売しています。面白いのは、あの光岡自動車の工場がタイにあり、販売されています。
また、日本では乗用車販売から撤退してしまったいすゞが、ピックアップトラックなどを生産、販売しています。
日本のメーカーでは、ダイハツが無いくらいでしょうか?

タイでは日本ではもう見なくなったピックアップトラックが人気です。
バンコクでも良く見かけますが、地方都市へ行くと圧倒的にピックアップトラックの数が目立ちます。
地方部はまだまだ道が悪い箇所が多く、人も荷物も荷台に積める悪路に強い4駆のピックアップが重宝されるのです。また、ピックアップトラックは取得税が他の車種に比べて格段に安いため、お得感があります。また、各社様々なグレードや特別バージョンを出しているのですが、これが結構カッコイイのです。
下の画像はいすゞのD-MAXというトラックですが、カッコイイでしょ?

ISUZU D-MAX

日本ではまったく見られなくなったピックアップトラックですが、東南アジア諸国やアメリカではまだまだ根強い人気の車種であり、その生活様式にピッタリなクルマと言えます。
反対に、日本で主流になった1ボックス、2ボックスタイプのファミリーカーは、まだあまり売れていないようです。
昨年バンコクへ行ったときは、それでもポツポツとは見かけましたが、日本のように「信号待ちしてるクルマすべてが2ボックスタイプ」と言うような状況ではありません。しかし、数年前にホンダがフリードを販売した頃から、だんだんユーザーが増えてきているようです。
そのせいか、トヨタもシエンタを売り始めたようです。

タイの中古車について

中古車については状況がわかりません。
日本のようにネットを利用した一括中古車査定があるのか?中古車専門の買取業者はあるのか?また、カーオークションはあるのか?
タイの中古車事情に関しては知らないことばかりですので、とても興味があります。
兄からの話では、アップルやガリバーが進出しているらしいのですが・・・
時間の許す限り、調べて、現地からアップしたいと思います。

さて、そろそろ空港に向かう時間です。
昨日は東京に住んでいる友人家族に会いに行ったので、新宿のホテルに宿泊しました。
普段住んでいるド田舎とは違って、スゴイ町ですね、新宿って。
一家揃って完璧なお上りさん状態です。

それでは、行ってきます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です