トヨタアクアの試験結果が出ましたよ!

まだまだ高いアクアの中古車査定価格
手軽に乗れるHV車として人気があるトヨタのアクア
2012年の発売開始時は、当時同クラス世界最高燃費(現在はプリウスが40.8km/Lでトップ)として話題を集めました。そして翌年はプリウスをしのぐ販売台数で、一躍トヨタの稼ぎ頭となった車です。

最近は新型プリウス(4代目)の発売によって多少影が薄くなってしまいましたが、2014年、2015年ともかなりの販売台数となっており、まだまだ人気は衰えていません。
事実、町中を走っているアクアを相当見かけますね。

トヨタの稼ぎ頭、アクア

このアクアと言えば、私が思い出すのがホンダフィットとの販売競争
アクアは2011年末の登場以来、普通乗用車の販売ランキングで常に3位以内に入っており、2013年、2014年は年間販売数トップを維持していました。
月間販売数もほぼ毎月トップ。
ですが、そんなアクアの牙城が崩されそうになった事があります。
それは2013年の秋に発売された、アクアのライバル車、ホンダの「フィット」の登場でした。
この時のフィットは、エンジンからプラットフォームまですべてを刷新してフルモデルチェンジされ、新しいハイブリッドシステムによりアクアをしのぐ36.4km/Lの燃費性能を達成したのです。

そしてホンダはフィットの販売価格をアクアとほぼ同じ価格にし、アクアに真っ向からぶつけてきました。
これが功を奏し、フィットは2013年10月に月間販台数でアクアを上回り、普通乗用車の販売ランキングで首位となりました。
しかしトヨタもだまって指を咥えてていたわけではありません。
アクアは2013年12月にマイナーチェンジを施し、燃費性能をフィットよりも上回る37.0km/Lに改善し、再び燃費世界一となりました。しかも、フィットのハイブリッドシステムに不具合が連発し、短期間で計5回に渡るリコールを行った事で、フィットは販売台数を伸ばす事ができませんでした。そのため、アクアは再び月間販売台数1位に返り咲き、2015年は12月にプリウスに首位を明け渡して2位となりましたが、1月~11月はすべて販売台数1位になっており、発売開始から4年も経った車ですが、その人気の高さはまだまだ続くと思われます。

トヨタアクア 2015年 販売台数

販売台数 順位
1月 19,968 1位
2月 22,788 1位
3月 30,414 1位
4月 15,555 1位
5月 14,428 1位
6月 18,087 1位
7月 17,711 1位
8月 12,390 1位
9月 18,345 1位
10月 15,536 1位
11月 15,237 1位
12月 15,066 2位
2015年合計 215,525 1位

引用 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(http://www.jada.or.jp/)

まだまだ高いアクアの中古車査定価格

アクアの中古車価格帯ですが、いちばん多く出回っているのが平成24年(2012年)、平成25年(2013年)登録のの中古車。
価格帯は170万円~120万円が多く、このクラスの車としては中古車価格も高く、中古車市場での人気の高さがうかがえます。
中古車価格が高いと言う事は、中古車査定での査定価格も高いと言う事です。
アクアを中古車査定に出そうと思っている方は、まだまだ高額で買い取ってもらえるはずです。
アクアはハイブリッド車ですからもちろんバッテリーを積んでいます。このバッテリーの寿命が・・・と心配する方もいますが、ハイブリッドカーのバッテリーの寿命は50年くらいと言われています。(ハイブリッドカーが発売されてからまだ50年も経過していないので、実際はどうか判断できませんが)ですからバッテリーに関する心配はいらないでしょう。

また、ハイブリッドカーは回生ブレーキを使用している事により、ブレーキパッドの減りが遅かったり、セルモーターを使用していなかったり、オルタネーターなどが無い事によりベルト駆動部分が無かったりと、ガソリン車に付いている消耗パーツが無かったりします。そのため、ハイブリッドカーは、案外気を気を遣わなくてもいいんです
ですから、通常使用で特に問題が無ければ、そのまま中古車査定に出してもまだまだ高額査定が期待できます。

アクアの予防安全性能アセスメント試験結果

独立行政法人自動車事故対策機構 NASVA (National Agency for Automotive Safety and Victims’ Aid)が発表している「予防安全性能アセスメント」のトヨタアクアの試験結果が2016年1月13日に発表されました。
この予防安全性能アセスメントというのは、自動ブレーキなどの先進安全技術を搭載した自動車の安全性能について様々な試験を行い、ユーザーが自動車を購入する場合の参考になる情報を提供し、メーカーには更なる安全技術の開発を促す目的で行われているモノです。
この試験でトヨタアクアは、46点中45.8点とかなり高い数値を出しています。

試験項目は被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、はみ出し警報装置、後方視界情報の3項目ですが、この内、はみ出し警報装置、後方視界情報については満点の評価を得ましたが、被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、はみ出し警報装置の試験において、対停止車両(50km)の試験において、ぶつからずに停止できませんでした。(ちなみにトヨタ車では、シエンタやランドクルーザーなどが被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の試験において満点を出しています)

アクアの予防安全性能アセスメント試験結果

アクア:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

アクア:車線はみ出し警報試験

この試験時の車両は、165/70R14 81Sのノーマルタイヤ、車重1289.0kgです。
アクアの自動ブレーキはレーザーレーダー・単眼カメラですので、ステレオカメラよりは安価で性能も劣るのですが、それでいてこの結果はなかなか優秀だと思います。

ちなみに50kmでの対停止車両に対する自動ブレーキの試験は3回行われ、1回目の試験での衝突時の速度は7.2km、2回目は8.2km、3回目は7.9kmでした。

「アクアG‘s」
ちなみに、アクアにはスポーツコンバージョンモデルである「G‘s」と言うモデルがあります。このモデルはフロントグリルの開口部を大型にし、LEDを埋め込んだフロントバンパーや、ノーマルより2インチアップした17インチホイール、専用チューニングされて25mmダウンされたサスペンションなど、ノーマルの万人受けするルックスとはかなり違った印象のモデルなのですが、価格も240万円強となっています。
エンジン系には一切手が加えられていないため、走らせてみるとそんなにスポーティーな感じでは無いのかもしれませんが、2014年には1万5130台を販売したそうで、月販1,000台以上になりますから、なかなかの健闘ぶりです。

個人的にもこの「アクアG‘s」、結構好きです。
実は現在の車(フィット)を買った直後にこの「アクアG‘s」が発売されたので、当時ちょっと悔しい思いをしました(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です