ディーゼルってどうなの?やっぱりお得なの?

MAZDA CX-5

クリーンディーゼル

最近、かなり注目されてきているディーゼルエンジン。
CO2排出量の少ないクリーンディーゼルと言うカテゴリーの車種は、その普及を促進するため、国による補助金や減税をはじめ、自治体による補助金など、クリーンディーゼル車を購入する際に利用できるさまざまな優遇制度もあります
このクリーンディーゼル車ですが、日本で購入できる車種はそのほとんどがベンツやBMWなどの欧州車。ヨーロッパは環境性能への規制が厳しく、ディーゼル車の人気も高いことから、日本へ輸入されてくる欧州車はディーゼルエンジン搭載モデルが必ずと言っていいほどラインナップされています。

これに対して国産車はまだまだ少なく、マツダデミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5、三菱デリカ、パジェロ、トヨタランドクルーザープラド、日産エクストレイルの、わずか9車種しかありません。
欧州車ではベンツやBMWはまだしも、マセラティやジャガーにもディーゼル搭載車があるのに・・・
まぁ、この辺の考え方って、欧州メーカーはディーゼルエンジンで環境性能を良くしようと考えているのに対し、日本車メーカーはダウンサイジングターボなどで環境性能を良くするというポリシーの違いなので仕方ないですね。

Maserati Ghibli Diesel

また、日本人の持つディーゼル車のイメージと言うと、「黒煙をモクモク吐き出しながら、ガリガリと大きな音を出しながら走るトラック」というネガティブなイメージが未だにあると思います。そのイメージから「環境に悪い」「健康に悪い」というイメージに繋がっているんですね。
その他に、性能面でも「ディーゼル車はパワーが少ない」と言うイメージがあると思います。
今から約30年前、クラウンにディーゼル搭載モデルがあった頃のハナシですが、たとえば2,000ccのDOHCガソリンエンジンが160馬力くらいだったのに対し、2,400ccのディーゼルターボエンジンは100馬力ちょっとしかなく、圧倒的に非力という印象がありました。

ですが、最近のディーゼルエンジンはもはや30年前とはまったく別物
ディーゼル本来の持ち味である低回転域からの加速の良さや、燃費の良さ、それもディーゼル燃料自体の安さもあって、ランニングコストも安く済みます。

また、最近のディーゼル車はガソリン車より粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX)などの排出量が少ないので、環境性能も良いのですね。

こう考えるとなんだか良いことずくめのような気がしますが・・・

ネックは価格!?

燃費が良い、燃料価格も安い、環境性能も良い、走りも満足、って良いことばかりなんですが・・・

でもですね、上でも書いたように、国産のクリーンディーゼル車って9車種しか無いんです。
ちょっと選択肢が少なすぎますよねぇ・・・
その9車種の中に気に入った車があれば良いけど、無かったら輸入車の中から選ぶ!?

でもですね、高いじゃないですか、外車。
しかもディーゼル車ってガソリン車よりも高いんですよねぇ・・・

ベンツなんかは元々高いから、ハナっから候補に入れません(笑)あ、BMWも。
一番安そうなCITROEN C4 BlueHDiでも2,790,000 円。たっけー。
マツダデミオですと、1.5Lのスカイアクティブディーゼルを積んだXDと言うグレードの車体価格が約180万円。ですが、180万円だったらガソリンエンジンの最上級グレードの13S Touring L Packageが買えちゃいます。
更にガソリンエンジンの中級グレード13Sだったら、車体価格が146万円。ディーゼルのXDとの差34万円。
この34万円ですが、ディーゼルのXDとガソリンの13S、何年間乗った場合にその差額を埋め合わせることが出来るのでしょうか?

ディーゼル車とガソリン車のコスト差

XDのJC08モード燃費が、リッター26.4km、13Sが24.6km。
2016年10月27日のレギュラーガソリン平均価格が118.3円、軽油平均価格が94.4円。
1年間に10,000キロ走るとして、13Sのガソリン代は約48,000円。XDの軽油代は約35,750円、その差12,259円。
1年間に12,259円ほどディーゼルのXDの方がお得なのですが、34万円の差額を埋めるには27年以上も乗り続けなければなりません。

以前、ガソリン車とハイブリッド車の差額を埋めるには何年くらいかかるか?と言う計算をしましたが、それと同じくらいの年数になってしまいました。

コストパフォーマンスを考えたら、まだまだガソリン車の方がお得みたいです。しかし、クリーンディーゼルの環境性能や、ディーゼル車特有の低速トルクを生かした運転のし易さなど、コスト面だけでは計れない、ディーゼル車特有のメリットもあります。
今後、ますます技術革新が進んでディーゼル車の価格が安くなれば、国産車もディーゼルエンジン搭載車が増えてくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です