テレマ保険って何だ?

テレマ保険って何だ?
年齢も自動車運転暦も同じAさんとBさん。
でもAさんの運転は荒く、交通違反も度々起こしています。
Bさんはいつも安全運転。
これまで交通違反で捕まった事は一度もありません。

このAさんとBさん、保険料が全く同じというのは変だと思いませんか?

AさんはBさんよりも運転が荒くて事故に遭う確立も多そうです。
だったらAさんの保険料はBさんよりも高くて当然なのでは?

しかし、現在の自動車保険は、無事故による等級や、年齢による割引はありますが、実際の運転状態に関する運転技術や運転方法に準じた保険はありません。いや、ありませんでした。

そこで登場したのが「テレマティクス保険」

この「テレマティクス」というのは、“テレコミュニケーション(通信)”と“インフォマティクス(情報工学)”を合わせた造語で、自動車に通信機器を搭載してリアルタイムにその自動車の状態を利用するサービスの事です。
そしてこの「テレマティクス」を使った自動車保険が「テレマティクス保険」です。

テレマティクス保険は既にイギリスやアメリカで一般的に利用されていて、ある試算によると、2020年には自動車保険の3割がこのテレマティクス保険になると予想されています。

テレマティクス保険には、PAYD(走行距離連動型)と、PHYD(運転行動連動型)の2種類があります。
PAYD(走行距離連動型)は、走行距離が短ければ短いほど保険料が安くなり、PHYD(運転行動連動型)は、安全運転であればあるほど保険料が安くなります。

このテレマティクス保険(略してテレマ保険)は、日本でも自動車保険商品として既に販売されていますが、法人以外の個人が加入できるのは、ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」とあいおいニッセイ同和の「つながる自動車保険」のみ。

このうち、あいおいニッセイ同和の「つながる自動車保険」は、トヨタの「T-Connect」搭載車のみが加入できますので、誰でも利用できるわけではありません。

ソニー損保の「やさしい運転キャッシュバック型」は、加入すると小型計測機が渡され、運転する時はその計測器を車内に設置します。

計測器の中には加速度センサーなどのセンサー類が加速や減速、走行速度などの運転状況を計測します。180日間この計測を行い、終了時に表示される申請コードをソニー損保の専用WEBサイトに入力して申請します。するとデータに基づいた点数が算出されます。
(自動車に通信機器を積んでリアルタイムに情報を送信するわけではないので、本当の意味のテレマティクスではありませんが・・・)

90点以上は保険料の20%、80点台は15%、70点台は10%、60点台は5%がキャッシュバックされるシステムになっています。

ベースとなる基準保険料は、今までの自動車保険より多少割高ですが、たとえば25歳でこの保険に加入したとして、基準保険料は103,600円。

ですが、90点以上のスコアを出すと、20,720円のキャッシュバックになります。
通常型の保険料が97,620円なので、結果的には14,740円安いことになります

このソニー損保のテレマ保険、計測機器をダッシュボードの上に設置するようになっているのですが、リアルタイムに運転中の点数が表示されるんですね。すると、

「良い点数を出したい」「点数を上げて保険料を安くしたい」という意識が働き、必然的に安全運転を心がけるようになるそうです。

これって、保険料云々よりも「安全運転推進マシーン」として使ったほうが結論として良いのではないかと思うのです。

日本の自動車保険は「等級制度」というものがあり、事故暦によって保険料が割引されますよね。

この等級って、最高で20等級になるんですが、20等級になると何と63%もの割引率なんですね。
ですから、従来型の自動車保険からテレマ保険に乗り換える人がバンバン出てくる!という事にはならないと思います。

まだまだマイナーな「テレマ保険」ですが、普段あまり車を使用しないサンデードライバーや、長距離を走らない女性ドライバーにとってはメリットのある自動車保険と言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です