スタッドレスタイヤの交換時期について

スタッドレスタイヤの交換時期は?
雪道を走るのには欠かせないスタッドレスタイヤ
雪国の中古車販売店では、夏用タイヤとスタッドレスタイヤをセットにして中古車を販売している場合も多いです。

そんな雪の多い地方では、ほぼ全ての乗用車がスタッドレスタイヤを履いている感じですが、滅多に大雪が降らない首都圏では、「○年に1度の大雪!」ともなると、カー用品店のスタッドレスタイヤがあっという間に売り切れになったりします。
こんな首都圏のようなタマにしか雪が降らない地域では、慌ててスタッドレスタイヤを購入しても使うのは年1回~数回。

「去年の大雪の時にスタッドレスタイヤを買ったけれど、今年はほとんどクルマに乗らなかったからスタッドレスタイヤも使わなかった」

なんてコトもあったりします。

そんなスタッドレスタイヤですが、保管場所に頭を悩ませるんですね。
一軒家にお住まいの方だったら問題ないかと思うのですが、マンションやアパート住まいですと置く場所が無い。
しょうがないのでクルマのトランクルームに無理矢理押し込んでそのまま1年間ほったらかし・・・
タイヤとホイール4本って結構な重さがありますから燃費にも悪いですね。

「せっかく買ったんだから、雪がなくても付けっぱなしでいいや!」

なーんて考えて晴れた日もスタッドレスを履いて走ってる車をタマに見かけますが、それってちょっと危ないです。

濡れた路面はスタッドレスの方がいいんじゃないの?

雪道専用のスタッドレスタイヤですが、「雪道が大丈夫なんだから、濡れた路面でも大丈夫」というイメージを抱いている方も居るかもしれませんが、それは大きな間違いです。

スタッドレスタイヤは氷の路面をしっかり掴むように、表面のゴムが柔らかくなっています。また、普通のタイヤよりも溝が深くなっていますが、その溝が低温でも堅くならないようになっています。この仕様のせいで、普通のタイヤに比べて路面の水を押しのけるチカラ(撥水性能)が弱く、濡れた路面では滑りやすくなっています。

ですから、スタッドレスタイヤで雪の無い濡れた路面を走る際には注意が必要なのです。

「スタッドレスだったら濡れた路面も大丈夫そうだし、付け替えるのも面倒だから梅雨明けまでこのままでいくか!」

なんて絶対にやめてくださいね!
スタッドレスタイヤの交換時期は?

乾いた路面もイマイチ?


雪道専用に造られているスタッドレスタイヤは、極低温(-20度)でもタイヤの表面が堅くならないよう、特殊な素材を使用しています。

ですので、通常の晴れた日に使用すると、タイヤの表面がとても柔らかくなってしまい、深い溝が変形してしまってブレーキ性能がかなり劣ります。

特に砂利や砂の多い路面で路面温度が高い場合はタイヤのコンパウンドがとても柔らかくなってしまい、小さな石などがタイヤ表面に食い込んでしまったりする事もあります。

スタッドレスタイヤの交換時期は?


首都圏などの滅多にスタッドレスタイヤを使用する事が無い地域では、大雪の日以外は普通のタイヤに換えても問題ないでしょう。というか、路面の雪はすぐに溶けてしまいますので、タイヤもすぐに交換した方が良いでしょう。
難しいのは山間部に行かなければならない場合ですね。

平地のみの移動ならすぐに普通のタイヤに交換すれば良いのですが、山間部へ出かける方は要注意です。木陰や太陽の日差しが届かない場所では4月になっても凍結している箇所が少なくありません。
夏用タイヤに交換した後は、少なくともゴールデンウィークまでは山間部のドライブは避けた方が良いでしょう。

ですが、どうしても行かなければならない場合もあるかもしれません。
そのような場合は、気象庁ホームページの「地方別の雪に関する情報」を見ると、全国の各管区が発表している雪の情報が確認できます。
不安な場合はチェックしてみると良いでしょう。

※2016年度の「地方別の雪に関する情報」公開は終了いたしました。2017年度の情報が発表され次第、こちらに掲載いたします。

気象庁ホームページ : 地方別の雪に関する情報

気象庁ホームページ : 最新の気象データ(雪の状況)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です