もういちど確認しておきたい、中古車の「検2年付き」「車検整備付」「無し」

もういちど確認しておきたい、「検2年付き」「車検整備付」「無し」
中古車を購入する時に、その車に車検があとどれくらい残っているのか?気になるもんですよね。
良く耳にする話ですが、「中古車センターのボードに「検2年付き」と書いてある中古車があったので「車検が2年付いていてお得!」と思って見積もりを出してもらったら、車検に関する重量税とか車検代行手数料とかが書いてあった、車検付きなのに車検費用を請求するなんて詐欺だ!」というハナシを聞く事があるのですが・・・

これ、この中古車屋さんは何も間違ってないのです。
そもそも「検2年付き」と言うのはその中古車に車検期間が2年間付いてますよという意味ではなく、「車検取得に関する“整備費用”が中古車の車両価格に含まれてます」という意味なのです。
要するに、車両価格に含まれているのは車検を通すために事前にチェックをし、悪いところがあったら車検に通るように整備する整備費用のみがその中古車の車両価格に含まれてますよ、と言う意味なのです。
ですから、車検代金の多くを占める車検代行手数料や登録代行手数料、税金や保険料などは車両価格に含まれていません。

これ、知らない人は絶対に勘違いしますよね。

この「検2年付き」という表記は中古車販売業界の業界用語みたいなもので、あまりにも分かりにくいという事で、最近は使わない業者さんが多いです。

最近はあまり使わなくなった「検2年付き」

では、最近はどのような表記をしているかと言うと

「車検整備付」と表記
これは「検2年付き」と同じ意味です。「車検にかかる整備費用は車両本体価格に含まれる」ということで、自賠責保険料や重量税、代行手数料とかは車両本体価格とは別途必要です。

「無し」と表記
車検整備費用や保険、税金、代行手数料も車両本体価格には含まれてない車のことです。要は車検に係る費用は何も車両価格に含まれていないという意味です。

「検○○年○○月」と日付が書かれている場合
これはその日付まで車検が残っているという事です。

「検2年付き」という表記は最近ではあまり使われなくなりました。特に、大手の中古車販売業者はほとんど使用していません(分かりにくい表記なので、トラブルになる事が多いからです)ですが、地方の中古車販売業者や、比較的小規模な中古車屋さんでは、まだこの表記を表示しているところがあるようです。
勘違いしないよう、注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です