これがディーラー営業マンの裏側です!

中古車はディーラーに売ってはいけない!ディーラー営業マンの裏側!
私は以前、とあるカーディーラーに勤めておりました。
その時はブルが弾ける寸前、世間はまだまだ景気の良さに浮かれていました。
私は営業では無かったのでバブルの恩恵はほとんど受けられなかったのですが、上手くやっている営業マンはかなり儲けていたようです。

給料以外の現金収入

その頃は現在のように「インターネットでの中古車査定・中古車買取」という仕組みは無く、中古車を売るときはまずカーディーラーへ下取りや買取りに出すのが一般的でした。町の中古車センターへ売りに出す場合もありましたが、カーディーラーへ持って行くのがポピュラーな方法でした。

ディーラー営業マンのアルバイト

アルバイトと言うと何だか聞こえがいいですが、要するに悪い意味での「内職」ですね。会社から貰う給料以外の収入です。
たとえばこれが、「趣味で作っているパンが好評で、知り合いに売っている」くらいだったら会社にバレてもそう問題にならないかもしれません。(一般的な会社は副業を禁じていますので、厳密にはアウトかもしれませんが)
しかし、本来会社の利益になるはずだった物を会社を通さずに売買や仲介し、個人的に利益を得ていたとなると問題です。
この「問題な行為」がその頃私が勤めていたカーディーラーでは、裏では当たり前のようになっていました。

下取り車の横流し

カーディーラーの営業マンが一番簡単に稼げる内職が「下取り車として入ってきた中古車の横流し」です。
たとえば、客さんには、下取り車の下取り金額を「50万円」と言っておき、懇意にしている別の中古車販売店などに55万円で売って、差額の5万円をポケットに入れちゃうというやり方です。

新車契約の際に「下取り車金額」が書かれているので無理なんじゃない?と思われますが、「下取り車の金額は、しっかり点検してから書き込むことになってますので今は空欄ですが、50万円以下には絶対になりません」とか言っておけば、ほとんどのお客さんは何も言いません。
会社に出す契約書には、差額の5万円をオプションなどで上乗せして帳尻を合わせます。

差額が5万円くらいだったら何とか帳尻を合わせられますが、金額が大きくなってくると誤魔化せません。
そんな場合はお客さんに直接交渉しちゃいます。

ほとんどのお客さんが「下取り金額、もっと高くならないの?」と聞いてきますから、そこにつけ込むのですね。

「この下取り車ですが、私の知り合いでウチよりももっと高く買い取るところ知ってます。私に任せてくれませんか?」と。
お客さんもまず文句は言いません。

「やりました!うちは80万でしたが100万で売れましたよ!」

しかし実際には120万円で売れていました。

20万円が営業マンのポケットに・・・

私が思うに、これは確かに規定違反ですし、ひょっとしたら業務上横領かもしれません。ですが、誰も損していないんですね。
お客さんも下取り車が高く売れて万歳!、営業マンも副収入が入って万歳!、車を買った会社も車が買えて万歳!。
本来は下取り車が入るはずのディーラーには車が入らなかったわけですが、ディーラーの営業マンって新車を売らないと給与査定に反映されないのです。
いくら高価で売れる下取り中古車を持ってきても社内的には何も評価されません。これでは営業マンが可哀想です。
「だったら下取り車は無くても新車を売っているのだから文句言うな!」と思うのですが・・・

私が勤めていたディーラーでも、この下取り中古車の横流しでかなり儲けた営業マンが居ました。
噂によると多いときは1台当たり40万円くらいの内職代が入ったそうで、年間で一千万円!くらい儲けた営業マンもいたらしいです。

ですが、その営業マンが新車を売ると、いつも下取り車が無いので不審に思われ、「そろそろ会社から突っ込まれるのでは?」と思っていたところでいきなり退職してしまいました。会社側も事を荒立てるのが面倒だったのか、何も咎められることも無く、その営業マンは会社を辞めていきました。
(ま、半ば公然の事実みたいなもんでしたから・・・)
その後の噂では、内職代で田舎に家を建てたとか。

各種手続きの代行

車を買うと色々な行政手続きが必要になってきます。
車庫証明の取得や、場合によっては名義変更や廃車処理なんかもあります。
このような作業をディーラーに頼むと、当然ながら手数料がかかります。
例えば名義変更ですが、ディーラーに頼むと15,000円くらいなのですが、実際に役所に払う金額は5.000円くらいです。

これを会社を通さず、自分でやっちゃうんですね。
お客さんから貰う名義変更手数料は15.000円、役所に払うのは5,000円。
10,000円が営業マンの懐に入るわけですね。

この他、車庫証明の手続きとか、廃車処理、車検や修理なんかも個人的に請け負っっちゃう営業マンがいました。

中古車パーツの売買

これも下取り車がらみなんですが、下取りに入ってきた中古車に、結構高価なパーツが装着されていることがあります。
代表的なのはアルミホイールやナビゲーションシステムなんかですね。
これを取り外して売っちゃうのです。

お客さんのところへ自分から出向いて下取り車を取りに行き、まっすぐ会社に帰らないで、途中で懇意にしているモータースなんかに寄ってホイールとタイヤを取り替えて会社に戻ります。
後日、外したタイヤとホイールを取りに行って、どこかへ転売するんです。
程度の良いアルミホイールは1本数万で売れることもありますから、これだけで10万円くらいの儲けになる事もあるそうです。

自分で整備しちゃう

ご年配の方や女性のお客さんに多いのですが、本当に簡単な故障や整備、たとえばワイパーブレードが壊れたとかアンテナが折れたとか・・・この場合、営業マンがお客さんから車を預かって、オートバックスなどで部品を買って修理し、その修理代金を懐へ・・・という内職もあります。
これくらいの作業では大した金額にはなりませんが、整備士上がりの営業マンなんかは、もっと大がかりな作業を自分でやっちゃう輩も居たようです。

ディーラーに中古車(下取り車)を売ると言うこと

以前のエントリーでも書いていますが、ディーラーに中古車を下取りや買取りに出してはいけません
絶対にダメです。
なぜなら、下取り(買取り)価格が圧倒的に安いからです。

ディーラーに査定して貰ったら、下取り価格で50万円、買取りだと10万円
ネットの一括中古車査定で査定したら、安い所で80万円、高い所で120万円

こんな事になります。
これは誇張しているわけでも何でも無く、一括中古車査定で査定に来る中古車買取業者の査定額と、ディーラーの下取り額には、2~3倍の開きがある事は珍しくありません。

「今まで懇意にしていたディ-ラーだから、何だか悪いような気がして・・・」

このように思っている優しい方も居るかと思いますが、ディ-ラー側はアナタのことをそんなふうに思っていません
ただの客です!
そんな気遣いしなくても大丈夫。

車が売れなくなっている昨今、ディーラーからしてみれば、新車を買ってくれるだけでも御の字なハズ。

新車を買うときの商談で、ディーラーの営業マンから「下取り車はありますか?」とか「現在乗っているクルマは下取りに出しますか?」と聞かれた場合には「下取りには出しません」とハッキリ言いましょう。営業マンもディーラーの下取り査定額が安い事は理解しているので、これ何も言いません。

もし、万が一、その営業マンから「高く下取りしてくれるトコロを知っているんですが・・・」などと打診されても断りましょう。
なぜなら、その営業マンが持ってくる下取り価格よりも、一括中古車査定で査定してもらった金額の方が高いからです
だって、営業マンが懐に入れちゃうんですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です