あーっ、またやっちゃった!

バッテリー上がり

またまたやってしまいました!

バッテリーあがり!

以前の記事でこんな事を書いておきながら↓

今朝、仕事へ行く時に車のエンジンをかけようとしたら「キュ、キュ、キュ、カチカチカチ・・・」って完全にバッテリーあがってるじゃありませんか!

でもですね、今回はバッテリーが上がりそうな予兆とか、全然感じなかったんですよね。

いつもだったらヘッドライトが微妙に暗いような感じがしたり、セルの回り具合が鈍くなってきたり、何かバッテリーの調子が悪くなってきたと感じられる予兆があるんです。
でも今回はそんな予兆がまったく、本当にまーったく無かった!

でも、前回バッテリーを換えたのがほぼ3年前ですから、寿命と言えば寿命ですね。
車検の時に換えておけば良かったのですが、費用がもったいなくて換えなかったんですね。

今回は自宅でしたから良かったのですが、出先でバッテリーが上がっちゃったら結構大変です。
ましてや高速道路上、しかも夜にバッテリーが上がったりすると、ロードサービスを呼ばなければなりません。

ロードサービスは、空いていれば30分くらいで来てくれますが、混んでいると2時間待ちなんて事もあります。
冬の高速道路でエンジンも掛けられず、寒い車内でロードサービスを待つ・・・考えただけでゾッとします。

また、このロードサービスですが、任意保険に付帯のロードサービスやJAFが使えればまだ良いのですが、どちらも使えないとなると費用面でも大変です。
JAFの非会員は、ロードサービスを呼ぶとかなりの金額を取られます。

JAF非会員ですと、基本料10,290円、作業料4,650円、加えてバッテリー交換時のバッテリー代金が実費で必要です。

こんなコトになる前に、バッテリーの寿命はこまめにチェックしなくては!

と、思いますが、バッテリーのチェックってどうすればいいの?

バッテリーテスターって?

バッテリーの状態をチェックするにはバッテリーテスターが必要です。

たまにガソリンスタンドで勝手にバッテリーの状態を調べられて、「50%しかないのでバッテリー交換したほうがいいですよ」なんてコト言われた経験ありませんか?

一般的に、バッテリーテスターはロードテスターとCCAテスターがあり、最近の主流はCCAテスターなのですが、今でもロードテスターを使用している業者はたくさんあります。
ガソリンスタンドなんかは、ほとんどまだロードテスターなんじゃないでしょうか?

このロードテスター、バッテリー充電直後は正確な測定が出来ない事があるんですね。
ですから、しばらく走ってきてエンジンを止めたときは、あまり信憑性のある数字が出ないんじゃないかと思うのです。

CCAバッテリーテスターまた、ロードテスターは、バッテリーにかなりの負荷をかけて測定するため、それ自体がバッテリーの寿命を縮める恐れがあります。(頻繁に測定しなければそんなに問題はありませんが)
しかし、CCAテスターはバッテリーにも負担を掛けず、測定方法が電気伝導による測定のため、サルフェージョンによるバッテリーの劣化を判断できます。

今回も思ったんですよ、「あー、バッテリーテスター買って、バッテリーの具合をチェックしておけば良かったなぁ・・・」と。
でもですね、そのあとすぐにこう考えたんです。
「でもさ、CCAテスターって安くても1万円くらいするなぁ・・・だったら新品のバッテリー買ったほうがいいじゃん!」

そうなんです、CCAテスターって高いんですよ。

簡易型のものでも安くて1万円ちょっと、自動車修理専門工場で使っているものなんて数十万円するものもあります。
まぁ、もし、万が一、CCAテスターを買ったとしましょう。

最初のうちはこまめにバッテリーの調子をチェックするかもしれませんが、しばらくしたら面倒くさくなってほとんどチェックしなくなり、そしてまたバッテリー上がり・・・という光景が目に浮かびます。

私の様なズボラな人間は、素直に新品のバッテリーを買った方が賢明ですね(笑)

最近はリサイクルバッテリーでも新品と遜色ないものが5~6千円ほどで手に入りますから、それでも十分だと思います。

なにはともあれ、バッテリーの性能が著しく低下する冬。
お近くにCCAテスターのあるスタンドや整備工場がある場合は、チェックしてもらうのをオススメします。
ちなみに、CCAテスターでバッテリーをチェックした場合、CCA値が70%以下だったら要交換です。

特に中古車を買った場合は要注意。

一部のディーラー系中古車販売店などは、新品のバッテリーに交換しているお店もありますが、ほとんどの中古車販売業者はその車を入手した時のままのバッテリーがついているハズです。

冬の高速道路で立ち往生する前に、中古車を購入された方はぜひともバッテリーの状態をチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です